2013年05月12日

洞窟を抜けると…


5/12(日)
天気晴れ

今年のGWは,SU-SANがいろいろと予定が入り,
やむなく遠出はあきらめることに…犬(泣)

チェスとシュガ子は,澄んだ水と新緑のあきる野の自然を満喫すべく,
先代犬ジャイロとよく行った"金剛の滝"までハイキング
(むしろトレイルランニングに近かったかも?)と相成りましたグッド(上向き矢印)るんるん

GWとはいえ,さすがにこの森の奥深くまで来る人は少ないみたいですなぁ。

新緑の心地よいざわめき。
汗ばんだ体を優しく包んで癒してくれる冷たく澄んだ水。

いつもより水量が少なかったのがちょっと残念バッド(下向き矢印)

"金剛の滝"へは,いくつかのルートがありますが,
今回はあきる野市側から川沿いに森の奥へ奥へと登って,降りて,
プチ・トレイルランニング。

途中,何か所か古い小さな木の橋があるのですが,
チェスもシュガ子も橋には目もくれず,
澄んだ冷たい水で火照った体を冷やしながら,先を急ぎます。

kongounotaki 11.JPG

kongounotaki 10.JPG

kongounotaki 09.JPG

"金剛の滝"のすぐ手前(洞窟の横)には,小さな滝があります。
洞窟に入る前に小休止。

やはり,いつもより水量が少なめ。
水量が多い時は,木の橋を膝上まで浸かってくぐるのですが…。

kongounotaki 01.JPG

kongounotaki 02.JPG

kongounotaki 03.JPG

kongounotaki 04.JPG

kongounotaki 05.JPG

kongounotaki 06.JPG


いよいよ洞窟(といっても小さな岩穴といった感じですが…,
滝水が流れており滑るので鎖がはってあります)を抜けると,
眼前には"金剛の滝"の雄姿がexclamation

※"金剛の滝"
落差は約20メートル位。
その名は,滝の左に金剛力士像が彫ってあることに由来するそうです。


水量が多いときは滝幅も広く,迫力満点で,
マイナスイオンの渦の中に飛び込んだような感覚になるのですが…たらーっ(汗)


夏に期待しようっとグッド(上向き矢印)



全画面でご覧になって下さいな。
Music By Gallery Oto



滝壺を上から見るとこんな感じ。やはり,水量が今一バッド(下向き矢印)
チェスもシュガ子もSU-SANの方を見上げてます。

kongounotaki 07.JPG

kongounotaki 08.JPG



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

信頼関係

ここ半年ほどでシュガ子にいろんな変化(進歩!)が…。

我が家のファミリーの一員となってから約1年位は,
フロントラインを滴下するときも,歯磨き(歯垢・歯石除去)のときも,
人(犬)一倍感受性の強いシュガ子は嫌がって,
ダンゴ虫みたいに丸まって堅くなるか,その場から逃げだそうとしたり…

動物病院での健康診断のときは,診察台に上げられると嫌がって,
お漏らししたり…。
(ちなみにチェスは,性格がおっとりしているせいか,
我が家に来た当初から何をされても安心しきっています)。


ところが,今ではあれほど嫌がっていた歯垢・歯石除去のときも,
パパさんにされるがまま…。

健康診断のときも,診察台の上でパパさんやSU-SANが側にいると,
見違えるように良い子になって,じっと我慢。
検診が終わると,「私,良い子だったでしょ!」と,満面の笑顔。

健康診断のご報告
チェスもシュガ子も血液検査,尿検査等,すべて正常値。
体重も,チェスが21.2kg,シュガ子が15.3kgで,
獣医の先生曰く「理想的ですね。」
次回は,DOGドックを受けようね。







ニックネーム すーパパ at 23:38| Comment(2) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする